浴衣の女性たち

サイト紹介

笑顔の浴衣の女性

大阪では大小さまざまな夏祭が府内各地で毎年行われています。その中でも特に大きく有名な三大夏祭のうちのひとつ、“愛染祭(あいぜんまつり)”についてご紹介します。 どんなお祭りにも、それが行われるようになった背景、歴史があるものです。そしてその祭りの様相も時代と共に変化したり、一方で時の流れの中でも大切に伝統として受け継がれてきているものももちろんあり、現在に至るまでの歴史も様々です。しかしお祭りの名前を知っていても、その歴史や詳しいことまでは知らないことがほとんどではないでしょうか。 “お祭り”と言われれば、たくさん並んだ屋台を楽しみ、花火が揚がったり、にぎやかな雰囲気で…それを楽しみにしている方がほとんどでしょう。しかし元々お祭りはワイワイと騒ぐのが目的で始まったわけではないということ、そしてそこには人々の願い、思いが込められているのだということを知れば、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。 どうして“愛染さん”と呼ばれるようになったのだろう? “愛染娘”は何をする人なんだろう? “宝恵かご”ってなんだろう? 祭りの中で行われていること全てに意味があります。その意味を知れば、もっと祭りのことを好きになれるでしょう。もっと楽しむことができると思います。

大阪三大夏祭りとは

大阪の夏は“愛染さんに始まり、天神さんで中をとり、住吉さんで締める”という言葉があるように、 “愛染祭(あいぜんまつり)”、“天神祭(てんじんまつり)”、“住吉祭(すみよしまつり)” が大阪の三大夏祭として大阪の人々に愛されています。 実際の開催時期は、愛染祭が毎年6月30日から7月2日までの3日間にわたり行われるのを皮切りに大阪の夏祭が各地で行われ、そして夏の暑さも厳しさを増す頃7月24日・25日に天神祭で最盛期を迎え、住吉祭は7月30日から8月1日の住吉祭で夏祭が締めくくられます。 愛染祭は大阪市天王寺区の四天王寺、天神祭は大阪市北区の大阪天満宮、大阪市住吉区の住吉大社でそれぞれ行われ、愛染祭だけが寺院で行われており、これは神社と寺院とが明確に区別される以前の時代の流れを汲んでいるからだそうです。そのような違いはあれど、どの祭りも一番盛り上がるのは神輿(みこし)などで周辺地域を練り歩き、渡御祭(とぎょさい)という儀式の形式をとっているところでしょうか。とは言えその様相は様々です。愛染祭では愛染娘をのせた“宝恵駕籠パレード”と可愛らしいイメージですが、天神祭りでは総勢約3000名以上が参加しだんじりや神輿など様々なものを担いで御堂筋を練り歩きます。おわたりのその規模も大きく活気溢れるお祭りですね。住吉祭では地域の人達が神輿を担ぐ“神輿渡御(みこしとぎょ)”が行われ、なんと大和川の川の中を歩いたりするそうです。可愛らしさ、溢れる男気、そんなところを!という驚きがあったり、どの渡御祭も見ものですね。 それぞれ違った楽しみ方ができるので全てに参加して欲しいところですが、今回はまず、夏の訪れを告げる“愛染祭”についてまとめたいと思います。愛染まつり以外にも祭りはミナミエリアで毎年たくさん開催されています。誰もがワクワクする夏、お子様連れもカップルも楽しんじゃいましょう!

愛染娘

愛染娘

祭りの見どころである宝恵パレードでかごにのる“愛染娘(あいぜんむすめ)”が、愛染祭のキャンペーンガールです。実は愛染娘を経験後、タレントや芸人(エヴァンゲリオンのものまねで注目を浴びた稲垣早希など)になって活躍する人達も出てきています。

Read more

日本最古の夏祭

花火

祭りは夏に関わらず年中、各地で行われています。五穀豊穣を祈る春祭や、収穫感謝をあらわす秋祭りが農村部で行われ、人が多い都市部では疫病退散や無病息災を祈り、夏を越すためのお祓い行事としての夏祭が行われてきました。

Read more

愛染パラパラ伝説

愛染かつら
愛染まつりには恋愛に関する伝説があるのをご存知ですか? 開催日程が6月末~7月初めなので、毎年1度は期間中に雨がパラパラ降るといい、それを“愛染パラパラ”と呼びます。もしもカップルでお祭りに行って“愛染パラパラ”に出会ったら、そのカップルは結ばれる・・という伝説があるようです。

Read more

愛染さまとは?

愛染山

大阪の人々が"愛染さん"、"愛染さま"と呼ぶのは、縁結びの神様として知られる"愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん)"のことです。大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町(地下鉄谷町線四天王寺夕陽丘駅から徒歩2分のところにあります。

Read more

宝恵かごパレード

宝恵かごパレード

愛染祭の見どころは、初日の6月30日に行われる“宝恵駕籠(ほえかご)パレード”です。 紅白の布と愛染かつらの花で飾られた宝恵駕籠に愛染娘をのせて、「愛染さんじゃー、ほーえっかーごっ!べっぴんさんじゃー、ほーえっかーごっ!商売繁盛、ほーえっかーごっ!」と掛け声をかけながら行列を作り、JR天王寺駅前から谷町筋を愛染堂までの1.5kmを練り歩くのがこのパレード。

Read more

注目の記事